プロフィール

千未

Author:千未
天鳳ID:千未
五段,R2000ぐらい
SkypeID: chimi_chu
TwitterID: chimi830

御用があるときはツイッターでリプ送るのが一番早いと思います。skypeコンタクトなども常時受け付けていますので、検討などどんどんやっていきましょう。
来年から社畜となることが決まったので今年度中には鳳凰入りしたい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

千年打っても未だ足りず
鳳凰に向かって主に天鳳での感想や戦術まとめ、反省などを綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術館のミカタ
久しく麻雀のことは書いていないですが、今回も残念ながら麻雀のことではなく趣味のことでも書いてみようかと。

実はというかなんというか、ワタクシ美術館巡りというものを割と嗜んでおりまして、関西近郊の美術館で良さげな展覧会があるとぷらっと一人でいったり、旅先でスッと立ち寄ったりしてしまいます。
良く行くのは京都市美術館であったり、兵庫県立美術館であったりですかね。



はてさて、なんでこんな記事書くかといいますと、先日話題のフェルメール展に行ってきたわけでありまして
そこで思ったことがありまして。

http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/exhibition/vermeer_2011.html

風景画が一番好きとはいえ、僕も日本人でありますしフェルメール自体は結構好きなんですよ。
割と楽しみにしてふらっと行くと、とりあえず外で一時間待ち。
まぁ待つのはいい。ちょうど3連休だったしね。仕方ない。

入ってみるとやっぱり人いっぱいで、それもまあ仕方なし。
一応170cmあるから人の頭越しに後ろからでも見れるんだけど一つ気に食わないことが。

脇に解説が書いてある(´・Д・`)

抽象的作品に解説を求めるのはいい。
より深く作品を知りたい人が音声案内で解説を聞くのもいいだろう。
しかし僕の絵の楽しみ方は「その絵から作者の心情を考えたり妄想したり書かれている環境や背景を創造する」なんですよね。
なので、脇に解説が書いてある状態っていうのは、小説に「このページの登場人物の気持ちはこうこうであり~」って書かれてる感じですごいイーッ!ってなりました。

僕の絵の見方が見方が変なのかなーとか、でも絵ってそういうもんじゃないの?とか悶々して、人の多さもあってイマイチ楽しみきれなかったです。作品自体は人物画多かったし見やすいんじゃないかな。



あともう一つ気に食わなかったことがありまして。

フェルメールの作品が今回3点おかれていました。
手紙を読む青衣の女と他二点ですね。今回の目玉展示です。
一番最後におかれていたのですが、人が進むのが遅すぎて中で並ばされるという非常に変な状態。
しかも並んだ割に人の動きを美術館側がコントロールできてないために絵の前が動かない。

これには辟易してしまい、後ろから軽く見て帰ってしまいました。
入り口での入場制限は仕方ないですし、客にしっかり見ていってもらいたい気持ちはわかるのですが、それができない状況にある以上は美術館側がしっかりコントロールして流れを作るべきだと思います。
せっかくいい展示なのに今回は釈然としない思いでお腹も膨れずに帰ってきました。満足感なしだわー。



何が言いたかったかというと愚痴りたかっただけですねw
すいませんw


ちなみに僕が今までで一番よかったのは徳島の大塚美術館。淡路島から四国に入ってすぐのところです。
贋作というか有名な絵画の複製品が1000点以上ある美術館で、オリジナルではないものの僕程度でも見知ったものがかなりあって非常に面白いかったです。
淡路島に行く予定などある人はぜひついでに寄ってほしい。
寄るってレベルじゃ満足できないほど広いけどねw
スポンサーサイト
閑話休題-英語のお勉強-
たまにはマージャンのことを忘れて別のことでも。



最近やっているTOEIC向けの英語学習の紹介でもしようかな、と。


来年から社畜になる予定の自分としては英語の能力は直接業績に響いてくると言っても過言ではありません。
また、学生にとっても英語はやっぱり大事であって、理系なら論文を読むにも必要ですしモノを書くときにも必要です。就活の面接でTOEICのスコアや普段の英語への取り組みを聞かれることも割とありました。

もちろん勉強しなきゃなわけなのですが、僕はかなりのモノグサであって中々やろうと思っても続かないんですよね。
英語なんて毎日やってなんぼのものなのにね・・・
そこで長い通学時間を利用して、そこにむしろ勉強時間を集中してやろうとか思ったりしたわけですよ。
英語の勉強の何がめんどくさいって教材を取り出すのがめんどくさいんですよね。
それを解決するために「すべてのことをiPhoneでカタをつけよう」という結論になりました。
というわけで対応するアプリなどを紹介していきますね。


<リスニング>
・English Upgrader
TOEICが出してるラジオ英会話みたいなもの。
内容もかなり面白く、リスニング教材としては一番使いやすいんじゃないでしょうか。
無料ですしiPhone以外でも聞けるので本当におすすめ。
アプリ以外にもポッドキャストでもあってそちらは第三シーズンまでいってるかな。

http://www.toeic.or.jp/square/basic/app/


・BBC Learning English
BBCというイギリスのニュースサイト。
ニュースそのものもいいのですが、スクリプトがしっかり書いてある「6分間英語」というのがおすすめ。
かなりキレイでわかりやすい英語なので日本語訳がわからなかったら翻訳サイトにつっこんでもいいでしょう。

http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/



<単語>

・TOEIC頻出英単語1000
http://itunes.apple.com/us/app/id455227919?mt=8

日本語まで読んでくれるので見なくてもできるのがいい感じ。
例文の対訳がないのだけがたまにキズかな。

・30日 TOEIC® 熟語 と 30日 TOEIC® 単語
http://itunes.apple.com/us/app/id368178797?mt=8

こっちのほうが見やすい。
どっちかでいいと思うけど例文読んでくれる上のやつのがおすすめ。
熟語はこれ買って単語は上のやるのがいいのではなかろうか



<フレーズ>

・Real英会話
http://www.ltbox.co.jp/RealEikaiwa/%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B.html

とりあえず読む、とりあえず聞くのにちょうどいい。
僕の場合は読んでまるごと覚える感じで使ってます。
日本語訳さえわかればあとは垂れ流してるだけで効果があるかと。



<英文法>

英文法は適当にやってください。
四択アプリならいくらでも数あるし正直どれもそんな変わらなさそうな気がするので自分の身の丈にあったものをやればいいと思います。



こんなもんでしょうか。
あとは長文読解とかでしょうが、English UpgraderやBBCのスクリプトなどの実践的なものを読むのが一番な気がします。



自分メモついでに書いてみました。
1週間続けてみて結構いい感じなので、アリだと思いますよー(*´ω`*)
とりあえずEnglish Upgraderの白石りさタンの英語を毎日10分聞くことをお勧めします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。